軽いしサクサクだが、×なのは…? – 1ヶ月使った感想

AST21を買ってから1ヶ月経過しました。

はやいもので、AST21を購入してから1ヶ月が経過しました。
データシェアプラン、一括ゼロでの購入です。
ここでは簡単に、使ってきてのレビューを書いていきたいと思います。


傷がついている…?ははは…orz

スポンサーリンク

良いと思った点

軽い

8インチという、かなり大きめのタブレットですが、軽い。
片手でも十分持てます。

サクサク

ベンチの結果とかじゃなく、実感としてもサクサクです。
地図もなめらかに動きます。というか、最近の機種ならそんなもんだとは思いますが。

問題点としては、常にフルパワーでCPUをぶん回すので、バッテリーの消費が多いです。

Deep Sleep(寝ているモード)、500MHzの上がすっからかんで…、

次にグラフに表れるのは一番上、と。

まぁ、そんなもんでしょう。

カメラはMeMO Pad8のME181より向上

正確に言うと、カメラアプリが向上しています。
圧縮率を選べるようになりました。ME181で撮影した写真は、かなり圧縮率が高く、細かいところが潰れていましたが、AST21では、若干圧縮率を下げたようです。

うちのネコも、そこまで破綻無く撮れているように思います。

解像度が上がっているのはありがたい。

正直、ME181でも不足無いと思っていたのですが、小説を読むときにはAST21の解像度、ありがたいですね。

近寄って撮影するとこんな感じですが、実は…

こんなにたくさんの文字を表示していて、上の質です。上等では?

8インチなので、マンガ本と並べるとこうなります。

あぁ^~こころがぴょんぴょんするんじゃあ^~

ガラスがタフです

保護シート、いりません。
一回30センチくらいの高さから、コンクリの上に落としてしまったのですが、周りの塗装は剥げたものの、ガラスにはキズ無し。強いですよ。なので、どうしても貼りたい人以外は、保護シートなしでも行けますよ!

×な点

電池が持たない

あっという間に減るバッテリー!
このブログの記事を書くために、30分くらい軽い作業をこなすと、5%減りました。
とは言え、充電すればいいので問題ないですが。

充電するなら、付属のACアダプタよりも、Ankerの充電器がオススメです。これで充電しないと遅くてイライラします。間違ってもパソコンのUSBにつないで充電しないでください。かなり時間がかかります。他にガジェットをお持ちなら、この5ポート充電器は本当に重宝するので是非。

エンジンがかかるまでに時間がかかる

DeepSleepの状態から、少し時間がかかってサクサク動き始めます。
これはASUSの調整がまだ不十分ということもあるのでしょうが、電源ボタンを押してからスリープが解除され、普通に使えるようになるまで、10秒くらいかかるときも。(そうならないときは一瞬です。毎回10秒かかっていたら投げ捨ててます)

サードパーティーのアクセサリーが貧弱

ケースからして、選べるほど出ていません。私は、Nexus7(2012)のスリーブケースに入れています。7インチのNexus7用スリーブケースに入ってしまうAST21。それだけ幅と薄さが進化している証拠ですね。

上がちょっとはみ出ますが。笑

あれ、弱点は逆に言うとそれだけです。一括ゼロ円で購入したなら、500円ほどで維持できますし、価格面の問題もクリアされてます。なんだこれ、神機じゃないですか。

まとめ

一括ゼロ円案件が出ていたら、買いましょう。損はしないです。

 
軽いしサクサクだが、×なのは…? – 1ヶ月使った感想
この記事をお届けした
auタブレットまとめ (AST21 KYT31 LGT31)の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

関連記事(by Google)

フォローする