SoftBankの格安SIMってどうなの? U-mobile Sで試してみた

この記事は、アヴァンさんからの提供でお届けします。

アヴァンでございます。
ソフトバンクiPhoneユーザー待望の格安SIMが登場したということで、早速申し込んでみました。

日本通信の開幕SIMと同じ回線を利用したMVNO「U-mobile S」を選択。

以前、U-mobileトライアルキャンペーンに申し込んだ時にログインIDを取得していたのですが、このIDではログインできませんでした。
「U-NEXT通信サービス U-mobileログインID」とは別なんですね。
「U-mobile MAX / U-mobile S」のU-mobileIDを新たに取得してお申し込み。

U-mobileのトライアルキャンペーンに申し込んでみました
U-mobileのトライアルキャンペーンに申し込んでみました
そろそろQuaTab PXもSIMフリーにできるので、それを見越してU-mobileのトライアルキャンペーンに申し込んでみました。 Umo...

月額880円の1GBプランをチョイス。
初期費用 3,000円 とSIMカード発行手数料 384円 が掛かりますが、利用期間の縛りや解約金はありません。いつでも解約できます。

iPhone/iPad専用のデータ通信プランになります。
電話、SMS、テザリングには対応していないのでご注意を。

普段はDMMモバイルの3GBプラン(月額850円)を利用しているので決して安くはありませんが、古いiPhoneを蘇らせてくれるので贅沢は言えません。

お申し込みから2日後、SIMカードが届きました。
U-mobileさんはいつも対応が早くて助かります。

今回はポケモンGO専用機と化している iPhone5 で使用します。
同封の「APN設定方法」に従ってサクッと設定完了。

速度は速くもなく遅くもなく、普通ですね。

サブ機として古いiPhoneをお持ちの方にはオススメです。

ありがとうございました。これ、iPadのSoftBank版で使ったら化けそうですね。SoftBank版のオークション価格、低かったですもんね…。

 
SoftBankの格安SIMってどうなの? U-mobile Sで試してみた
この記事をお届けした
auタブレットまとめ (AST21 KYT31 LGT31)の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

関連記事(by Google)

フォローする

スポンサーリンク