aptx 対応は Qua tab PXだけ!Bluetoothイヤホンの選び方

スポンサーリンク

Bluetoothイヤホンがアツい!

earphone
earphone

何故か。もちろん、iPhone7のせいです。

http://www.apple.com/jp/iphone-7/

最新のiPhoneであるiPhone7からは、とうとうイヤホンジャックが消え失せました。
賛否両論ありますが、消えたからには代替の手段を探さなくてはなりません。

そこで注目を集めてきたのが、Bluetoothです。主に近くにある機器と通信をする際に使われている規格です。その規格の中には、オーディオを転送するための仕組みも用意されており、その仕組みを使ったイヤホンがたくさん発売されています。

…が!なにも知らないで買うと、後悔しますので、簡単に説明していきます。

Bluetoothには、バージョンと、プロファイルとコーデックがある

いきなり面倒くさい話になりそう。
バージョン
4.1まで出ている。当たり前だけれども高いほど高性能。送信側と受信側で対応しているバージョンのうち、低い方に合わせてくれる。
プロファイル
気にしなくて良い。スマホ、ケータイとイヤホンをつなぐのに必要なプロファイルを搭載していない変な商品はありません。(ワンセグ利用時を除く)
コーデック
これがくせ者。SBC,aptx,AACなどがある。(他にもある)ここが一番肝心

SBCとかaptxとかAACって何だ

Bluetoothでは、音声データを送るときに、一度その音声を圧縮します。(音楽ファイルで使われているAACをそのままAACで送る時も圧縮しているという噂です)

そして、bluetoothの電波に載せて送信、受信側で展開します。その際の音声の圧縮の仕方がコーデックによって違ってきます。すなわち、圧縮の仕方を定めているコーデックによって音質が決まるということになります。送信側、受信側の両方が対応していて一番よいコーデックが使われます。

SBC
Bluetoot機器には必ずといってよいほど搭載されている。基本のコーデック。音が悪いし遅れて再生される。聞けなくは無い。
AAC
主にiOSで使われている。圧縮の効率が良いので音もよい。SBCに比べて遅延が少ない。iPhone使いならこのコーデックの対応を見るべき。
aptx
Androidで高音質を探すならこのコーデック。受信側の対応も多い。

という訳で、Android使いであれば、aptxに対応しているかが音質の良さの鍵となってきます。

だがしかし…。auで発売されているタブレットでの対応はどうなのでしょうか。

AST21, KYT31, LGT31の対応は…

スペック表を見てみましょう。

http://www.au.kddi.com/developer/android/kishu/bluetooth/

…!?

aptx対応はQua tab PXのみでした。

えー。

という訳で、高音質なbluetoothでの再生を楽しみたいなら、Qua tab PXということに…

なりません。

受信側の対応も必要

そうなんですよね。これが面倒くさい。受信側もaptx対応でないと、SBCで再生されてしまいます。という訳で、Qua tab PXをお持ちの方は、是非、aptxを体験してみてください!

 
aptx 対応は Qua tab PXだけ!Bluetoothイヤホンの選び方
この記事をお届けした
auタブレットまとめ (AST21 KYT31 LGT31)の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

関連記事(by Google)

フォローする